女の人

不意にできてしまったシミはレーザー治療で取り除ける

シミ取り後の注意点

婦人

年齢を重ねると肌が衰え、きちんと手入れを行っておかないとシミができてしまうこともあります。しかし、技術の進歩によってシミは取り除くことができるようになりました。そんなシミ取りの方法の1つでレーザー治療があります。レーザー治療によりシミ取りは、シミの元となっているメラニンを破壊することでシミをなくすことができます。レーザー治療を受けたあとは一定期間はガーゼや絆創膏を貼っておく必要があり、これには注意が必要です。ガーゼや絆創膏を貼る期間としては約1週間ほどですが、この間は絶対に外さないよう注意が必要です。シミ取りのレーザーを受けた後は肌が敏感になっています。その期間においては肌が敏感になっているため、少し紫外線を浴びるなどでも簡単にシミが出来てしまうこともあります。そうなってはせっかくのシミ取りが無駄になってしまうので、そうならないためにも外出の際には日焼け止め、日傘などの紫外線対策はバッチリしておきましょう。

女性の天敵である紫外線は、浴び続けているとそれが原因でシミができてしまうこともあります。シミは一度出来てしまうと対策をしなければずっと残り続けます。また、それを取るためにもお金がかかるのでシミができる前に取れる予防策は徹底しましょう。シミができる原因は紫外線の他にも、ストレスや喫煙、飲酒などがあります。それらによってシミが出来る理由は、活性炭素の発生によるものです。しかしそれは意識をすることで防ぐことが可能なので、不規則な生活や暴飲暴食には気をつけるようにしましょう。

シミができる原因は肌のターンオーバーの機能が低下することによるものだと言われていますが、ではその低下する年齢がいくつくらいなのかと疑問に思う方もいるでしょう。人によっては20代の頃からシミが出来てしまうこともあります。年齢が若いほどターンオーバーの活動は活発的ですが、不規則な生活を繰り返しているとせっかくの機能も低下してしまい、それによってシミが出来てしまうこともあるのです。シミのできる年齢は平均的にみると30代頃からと言われてします。しかし、日頃から化粧水などでシミができないよう手入れを怠らずにやっている人であれば、30代であってもキレイな肌を保ち続けている方もいます。年齢を重ねて肌本来の機能が低下していても、化粧水などで補うことはできるので年齢に合わせてケアをしていけばいつまでも若々しいキレイな肌でいることもできるでしょう。

シミを作らないように心がけることはターンオーバーのことばかりではありません。肌荒れもシミを作ってしまう原因となってしまうのです。特に女性の方はいつもメイクをしています。そのメイクが肌荒れの原因となりシミをつくってしまう可能性もあるのです。メイクをしている最中は常に肌に刺激を与えていることになるので、帰宅後のメイク落としは絶対です。しかし、最近の化粧品はウォータープルーフといって防水加工されている商品が増えてきており、汗などでメイクが崩れたりしにくくなる反面、メイクが落としにくいというデメリットもあるのです。そのため、メイクを落とすために強くこすったりしてしまうとそれが肌荒れの原因になることがあります。メイクが落としやすいクレンジング剤なども気をつける必要があります。強力で落としやすいということは肌への刺激も強いという可能性も考えておかなければなりません。肌荒れが起こらないようにするのであれば、肌への刺激が少ないコスメを選ぶようにしましょう。

Copyright © 2017 不意にできてしまったシミはレーザー治療で取り除ける All Rights Reserved.