シミを除去して輝く肌に

不意にできてしまったシミはレーザー治療で取り除ける

シミが出来てしまう原因

レディ

肌の悩みを抱える女性は多く、その中にはシミやそばかす、肝斑といった肌トラブルなどがあげられます。全て似ているので間違えられがちですが、ハッキリとした違いがあります。シミの場合はいろいろな部分にでき、その境界線がくっきりとしているのが特徴的です。一方、そばかすや肝斑というのは主に頬あたりにでき、そばかすは茶色上の無数の反転となり、肝斑はライン状にくすむという特徴があります。また、左右対称にできるのも特徴的です。

シミ取りをするのであれば、医療用品やレーザー治療によって除去することが可能です。シミの原因となっているのはメラニン色素が原因であり、メラニン色素がでてくる理由は紫外線などの刺激から肌を守るためにメラノサイトによって作られます。それによってできたメラニン色素は本来ターンオーバーによって古くなった肌と共になくなっていきます。しかし、ターンオーバーの機能が低下してしまうとそれを排出することができず、結果として肌にメラニン色素が残り、それがシミとなってしまうのです。肌の機能が低下してしまう原因は年齢によるものだけではなく、日頃の生活で不規則な生活リズムを繰り返していたり、過剰な飲酒やタバコなども身体へ悪影響を及ぼし、それが肌のトラブルの元となってしまうこともあるのです。今では様々な方法によって簡単にシミ取りができるようになっていますが、やはりそのためにはそれなりの出費が必要となるので、そうならないためにも日頃からシミができないように意識することが大事です。外出するのであれば、紫外線から身を守るために日焼け止めや帽子をかぶる、アームウォーマーを着用するなどして肌の露出を避けることで予防することができます。肌をキレイに保つのであれば、日頃から紫外線には気をつけるように心がけましょう。

外出をする場合はどこで紫外線を浴びるかを考えて、それぞれの場所に適したUVカットの商品を用意する必要があります。UVカットの商品は例えば車であれば、ガラスに貼るタイプのフィルムがあります。車を運転している最中であっても窓から差し込む日光によって紫外線を浴びることになります。それも部分的に紫外線を浴びることになるので、変に一部だけシミになってしまうことも考えられます。そうならないためにもきちんと紫外線対策を行った状態で運転するようにしておきましょう。

UVカットの商品を揃えたと言ってもそれだけで安心というわけではありません。紫外線カットの商品には寿命があります。目に見える効果ではないのでその判断は難しいのですが、数年経過した古い商品は既にUVカットが機能していないことも考えられるので買い替えたほうがよいでしょう。実は紫外線カットをする商品には2種類の違いがあります。それは、紫外線カット加工製品と紫外線素材製品というものでわけられています。紫外線カット加工とは、一般的な商品にコーティングを施してUVカット機能を加えたものであるため、コーティングが禿げることで機能しなくなってしまいますが、紫外線素材製品とは素材そのものに紫外線をカットする成分が混ぜられて作られたものであるためその機能性が低下するということがありません。そのため、長期的な利用を考えているのであれば紫外線素材製品を購入しておくとよいでしょう。

最新技術のシミ取り

最近の治療技術は発達していて、シミ取りを行うことができるレーザーの種類も増えてきています。治療できるクリニックも多くあるのでネットで料金や評価などを見て、依頼するクリニックを決めましょう。

肌機能を活性化させる

肌にシミができ、それが残ってしまう原因としては肌機能の低下によるものです。化粧水などで肌のターンオーバー活性化をすることもできるので、今からシミ取りをするというのも遅すぎるということはありません。

シミ取り後の注意点

肌年齢が衰えてくるとシミが出来やすくなります。しかしそれはシミ取りのレーザー治療によって取り除くこともできますが、約1週間ほどはガーゼや絆創膏を剥がしてしまわないように注意が必要です。

Copyright © 2017 不意にできてしまったシミはレーザー治療で取り除ける All Rights Reserved.